ネット上で健康相談・医療相談。現役の医師がご相談に応じます。

狂犬病対策について

(この記事は医心伝心からの転載です)

狂犬病対策を考える場合、公衆衛生的な見地からすれば、イヌへのワクチン接種が重要です。しかし、前回のコラムに書いたとおり、今後は社会混乱が増してい くことが予想されますから、その混乱に紛れてイヌへの予防接種率が低下してしまう懸念があります。現時点ですら、下記の釧路市のような事例があります。
 

2010年08月20日

狂犬病予防接種率70%を下回る/釧路市

釧 路市内の狂犬病予防接種の接種率が昨年、WHO(世界保健機構)ガイドラインの70%を下回った。飼い主の責任で接種するのが当然だが、市がそれまで続け ていた催告を昨年に限って行わなかったことが影響しているようだ。市民環境部は「なんとか70%台に戻したい」と狂犬病の恐ろしさを訴えながら、接種を強 く呼び掛けている。

http://www.news-kushiro.jp/news/20100820/201008202.html

 

も し流行が発生してしまった場合は、ひたすら野犬やその他の感染動物を殺処分していくことが必要になります。もちろん、流行発生前と同様に、イヌへのワクチ ン接種率を向上させる努力も必要でしょう。ただ、これらの対策が奏功しても流行が終息するまでには一定の期間が必要になるので、流行地域では個人レベルで も狂犬病に対する注意が必要になります。

 

そこで、以下に個人レベルでの狂犬病対策を書いていきます。



<感染動物に咬まれる前の予防策>

1)流行地域ではむやみに動物に手をださない。

感 染動物に咬まれることにより、唾液中に多量に含まれたウイルスが体内に侵入することによって感染します。ですから、まず第一に咬まれないようにすることが 大切です。感染動物は狂犬病ウイルスに脳を侵され凶暴化しているため、通常はヒトを咬まない大人しい動物でも注意が必要です。また、感染源となる動物はイ ヌとは限りません(下図参照)。



狂犬病媒介動物.jpg2)ワクチン接種(暴露前接種

動 物との接触が避けられない場合や、近くに医療機関がない場所に長期滞在する場合は事前に予防接種をすることが勧められています。十分な免疫を得るためには 4週間隔で2回の接種と、その後6〜12ヶ月後の追加接種が必要です(計3回)。暴露前接種を受けていても、もし感染動物に咬まれた場合は、後述の暴露後 ワクチン接種が必要です。



<万が一、感染動物に咬まれてしまった場合の対処法>

1)傷口の洗浄

傷口を石けんと水でよく洗いましょう。可能ならば、エタノールなどの消毒液で消毒します。また、傷口にはウイルスを多量に含んだ動物の唾液が付着しています。傷口を口で吸い出したりすることは、かえって感染の危険を高めることになるのでやめましょう。(参考:

狂犬病のコウモリとキスした子どもたちを捜索中、米フロリダ州



2)動物への予防接種の有無

飼い犬ならば、飼い主に予防接種の有無を確認しましょう。



3)ワクチン接種(暴露後接種)

ただちに医療機関を受診し、できるだけ早く発症予防のワクチン接種(暴露後接種)を受けます。

 

暴露後ワクチンは、初回のワクチン接種日を0日として、3日、7日、14日、30日及び90日の計6回の接種が必要です。

 

前回にも述べたとおり、狂犬病は発症すれば致死率ほぼ100%の恐ろしい病気です。

 

国内で流行が発生した場合や、海外の流行地域に滞在する場合は、十分な対策を心がけたいものです。

 

Special Thanks to フロアコーティング

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 狂犬病対策について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cyberclinic.jp/mt/mt-tb.cgi/76

コメントする