ネット上で健康相談・医療相談。現役の医師がご相談に応じます。

睡眠不足とAlzheimer病の関係?

睡眠不足でアルツハイマー?米チーム発表
 【ワシントン=山田哲朗】睡眠不足がアルツハイマー病を引き起こす可能性があるとの研究結果を、米ワシントン大などの研究チームが24日の米科学誌サイエンス電子版に発表した。
 物忘れがひどくなるアルツハイマー病は、脳内にアミロイドベータ(Aβ)という異常なたんぱく質が蓄積するのが原因と考えられている。

 研究チームは、遺伝子操作でアルツハイマー病にかかりやすくしたマウスの脳内を観察。Aβが起きている時に増え、睡眠中に減ることに気づいた。
 さらに西野精治・スタンフォード大教授らが、起きている時間が長いマウスではAβの蓄積が進むことを確認。不眠症の治療薬を与えるとAβの蓄積は大幅に減った。
 研究チームは「十分な睡眠を取ればアルツハイマーの発症が遅れるかもしれない。慢性的な睡眠障害のある人が、高齢になって発症しやすいかどうかも調べる必要がある」としている。

という報道がありました。アルツハイマー病の仕組みはよくわかっていません。しかし睡眠不足が何かしらの関与をしているという可能性は想定できます。だからといって「睡眠不足が原因」と考えてしまうのは短絡というものでしょう。睡眠が脳の質的変化の進行を緩和する機能を果たしているということなのかもしれませんし。変化は部分に現れても、すべては全体の相関と均衡から成り立っています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 睡眠不足とAlzheimer病の関係?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cyberclinic.jp/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする